ASKAと“親密” パソナ南部代表はなぜ沈黙しているのか

公開日: 更新日:

 ASKA容疑者(56=本名・宮崎重明)と“愛人”栩内(とちない)香澄美容疑者(37)をつないだとされるパソナグループ代表・南部靖之氏(62)が、ダンマリを続けている。

 南部氏はASKAと親しく、パソナグループの迎賓館「仁風林」にも招待していたという。一方、栩内も仁風林に出入りしている。こうなると、南部氏がキーマンのひとりであるのは間違いないだろう。南部氏は上場企業の代表だ。何らかのコメントを出して当然ではないのか。

 ところが、本人もパソナグループも説明に乗り気ではない。栩内との関係は完全否定で、ASKAについてもノーコメントを貫いている。

 その影響か、南部氏とASKA・栩内の関係が報じられた直後の22日、パソナ株は年初来安値を更新。市場が開いてから数分で、21日の終値502円から460円まで42円も暴落した。この日は、同社の大株主であるサンリオまで年初来安値を記録している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  2. 2

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  3. 3

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  4. 4

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  5. 5

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  6. 6

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  7. 7

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  8. 8

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  9. 9

    石田純一のトホホなYouTubeデビュー…コロナ騒動が後引く

  10. 10

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

もっと見る