好調「ひるおび!」を支える司会・恵俊彰の“薄~い存在感”

公開日:  更新日:

 TBS系の昼の情報番組「ひるおび!」が好調だ。5月の月間平均視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と過去最高を更新。改編でつまずいた他局を尻目に、同時間帯トップとなっている。

 志賀順プロデューサーは「大変光栄に思う半面、正直びっくりしています」とコメントしているが、業界関係者はみな同感だろう。

 メーンMCの恵俊彰(49)は芸人仲間に受けが悪い。とりわけ時事ネタに強い爆笑問題の太田光(49)や雑学にたけた伊集院光(46)などは、半可通のくせに口を挟む恵の態度にヘキエキしていたという。何かにつけて知ったかぶりをする恵をラジオなどでヤユすることもあった。

■「何もしない」から嫌われない

 それでもお茶の間の受け止め方は違うらしい。日中にテレビを見ている主婦やリタイア世代からは支持されているようだが、「それほど好かれてもいないと思いますよ」と言うのは、コラムニストの桧山珠美氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る