• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

好調「ひるおび!」を支える司会・恵俊彰の“薄~い存在感”

 TBS系の昼の情報番組「ひるおび!」が好調だ。5月の月間平均視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と過去最高を更新。改編でつまずいた他局を尻目に、同時間帯トップとなっている。

 志賀順プロデューサーは「大変光栄に思う半面、正直びっくりしています」とコメントしているが、業界関係者はみな同感だろう。

 メーンMCの恵俊彰(49)は芸人仲間に受けが悪い。とりわけ時事ネタに強い爆笑問題の太田光(49)や雑学にたけた伊集院光(46)などは、半可通のくせに口を挟む恵の態度にヘキエキしていたという。何かにつけて知ったかぶりをする恵をラジオなどでヤユすることもあった。

■「何もしない」から嫌われない

 それでもお茶の間の受け止め方は違うらしい。日中にテレビを見ている主婦やリタイア世代からは支持されているようだが、「それほど好かれてもいないと思いますよ」と言うのは、コラムニストの桧山珠美氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る