• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「バイキング」大惨敗でSMAP中居「フジ昼の顔」案もピンチ?

 タモリも複雑な心境なんじゃないか。

 フジテレビ「笑っていいとも!」の後番組「バイキング」が、15日の放送で2.7%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と、実に32年ぶりの低視聴率を記録。同じ時間帯のテレビ東京の海外ドラマが2.2%と、ガチで「振り向けばテレ東」になってきた。

「さすがにタモさんも、自分が降板した途端に高視聴率を叩き出されたら面白くなかったでしょうが、ここまでひどいとシャレにならない。バイキングは当初から<1年もてばいい>といわれていて、誰も責任を取らずに済むように、出演者もいろんな事務所から寄せ集めている。まさに“バイキング”で、コケるのは想定内でしたが、それにしても2%台とは。上層部も頭を抱えていますよ」(同局スタッフ)

■コケのスパイラル

 16日放送のバイキングでは、日替わりMCを務めるお笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼が「全員が視聴率を忘れようとしている」なんて“自虐ネタ”で客席の笑いを誘っていたが、局内には笑えない事情があるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  6. 6

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  7. 7

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る