「バイキング」大惨敗でSMAP中居「フジ昼の顔」案もピンチ?

公開日:  更新日:

 タモリも複雑な心境なんじゃないか。

 フジテレビ「笑っていいとも!」の後番組「バイキング」が、15日の放送で2.7%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と、実に32年ぶりの低視聴率を記録。同じ時間帯のテレビ東京の海外ドラマが2.2%と、ガチで「振り向けばテレ東」になってきた。

「さすがにタモさんも、自分が降板した途端に高視聴率を叩き出されたら面白くなかったでしょうが、ここまでひどいとシャレにならない。バイキングは当初から<1年もてばいい>といわれていて、誰も責任を取らずに済むように、出演者もいろんな事務所から寄せ集めている。まさに“バイキング”で、コケるのは想定内でしたが、それにしても2%台とは。上層部も頭を抱えていますよ」(同局スタッフ)

■コケのスパイラル

 16日放送のバイキングでは、日替わりMCを務めるお笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼が「全員が視聴率を忘れようとしている」なんて“自虐ネタ”で客席の笑いを誘っていたが、局内には笑えない事情があるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る