「バイキング」大惨敗でSMAP中居「フジ昼の顔」案もピンチ?

公開日:  更新日:

 タモリも複雑な心境なんじゃないか。

 フジテレビ「笑っていいとも!」の後番組「バイキング」が、15日の放送で2.7%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と、実に32年ぶりの低視聴率を記録。同じ時間帯のテレビ東京の海外ドラマが2.2%と、ガチで「振り向けばテレ東」になってきた。

「さすがにタモさんも、自分が降板した途端に高視聴率を叩き出されたら面白くなかったでしょうが、ここまでひどいとシャレにならない。バイキングは当初から<1年もてばいい>といわれていて、誰も責任を取らずに済むように、出演者もいろんな事務所から寄せ集めている。まさに“バイキング”で、コケるのは想定内でしたが、それにしても2%台とは。上層部も頭を抱えていますよ」(同局スタッフ)

■コケのスパイラル

 16日放送のバイキングでは、日替わりMCを務めるお笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼が「全員が視聴率を忘れようとしている」なんて“自虐ネタ”で客席の笑いを誘っていたが、局内には笑えない事情があるらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る