日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

木村大作監督が映画「春を背負って」に込めた骨太メッセージ

毒舌カメラマンが声を詰まらせ…

「最近はいい映画を作っても儲かりゃしない。でも、東宝とフジテレビがカネを出してくれるというから撮った」

 これは毒舌でお馴染みの名カメラマン、木村大作(74)の言葉。自身2作目となる長編映画監督作品「春を背負って」の試写会で吐いたセリフだ。歯に衣着せぬ物言いが受け、12日には「アウト×デラックス」(フジテレビ系)にも出演しているが、14日の初日舞台挨拶では「これまで47都道府県の試写会を自家用車で回ってまいりましたが、試写会はあくまで試写会。きょうは、僕にとっては……」と声を詰まらせる場面も。黒沢明を師と仰ぎ、数々の名作を撮ってきた木村。この作品に対する思い入れの深さもハンパではないようだ。

 興行収入26億円を記録した前作「剱岳 点の記」(09年)は、山の過酷さを描いたものだったが、今回のテーマは対照的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事