木村大作監督が映画「春を背負って」に込めた骨太メッセージ

公開日:  更新日:

毒舌カメラマンが声を詰まらせ…

「最近はいい映画を作っても儲かりゃしない。でも、東宝とフジテレビがカネを出してくれるというから撮った」

 これは毒舌でお馴染みの名カメラマン、木村大作(74)の言葉。自身2作目となる長編映画監督作品「春を背負って」の試写会で吐いたセリフだ。歯に衣着せぬ物言いが受け、12日には「アウト×デラックス」(フジテレビ系)にも出演しているが、14日の初日舞台挨拶では「これまで47都道府県の試写会を自家用車で回ってまいりましたが、試写会はあくまで試写会。きょうは、僕にとっては……」と声を詰まらせる場面も。黒沢明を師と仰ぎ、数々の名作を撮ってきた木村。この作品に対する思い入れの深さもハンパではないようだ。

 興行収入26億円を記録した前作「剱岳 点の記」(09年)は、山の過酷さを描いたものだったが、今回のテーマは対照的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る