• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コージー冨田が酔った客のヤジで学んだ“プロの流儀”

 タモリのマネでブレークして以降、安定した活躍を見せる変幻自在のモノマネ芸人コージー冨田(47)。酒はそんなに得意ではないが、芸で酒席をやりくりしていた……そんな話をモノマネ入りで語ってくれた。

 酒は最初、あまり得意じゃなかったですね。愛知では居酒屋でバイトしてたので飲んではみるんだけど、全部吐いてましたよ。

 一番最初に「酒って気持ちいい」と思えたのは、28歳で上京してモノマネ番組で優勝した時。賞金20万円を手渡しでもらえ、「今夜のうちにみんなで使っちゃおう!」と大勢で飲みに出かけた。初めてコロナビールを飲んだらメチャクチャうまくて初めて気持ちよく酔っぱらい、「すぐにモノマネ王座に出るぞ」なんて盛り上がった。出られなかったんですけどね……。

 僕はどの焼酎がいいとか日本酒がうまいとか酒の味はわからない。うれしいことがあった時やステージでいい汗かいた後はうまいとかそういう「酒」ですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事