• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「結婚できない人もいる」西川史子がセクハラ野次に怒り心頭

 東京都議会で発生した“セクハラやじ問題”を女医が一刀両断だ。

 18日に都議会で塩村文夏議員(35)に対して放たれた「早く結婚したほうがいいんじゃないか?」というヤジに、タレントで医師の西川史子(43)が、22日放送のTBS「サンデー・ジャポン」で切り捨てた。

「産みたくても産めない方、結婚したくてもできない方もいるわけだから、ちょっとデリカシーがなさすぎる」

「普段からそういう風に考えているから言ってしまうんだろう。政治家としてどうなんだろう」と、いつもの高飛車キャラとは打って変わって真剣な表情で批判した。

 西川は、1996年に日本テレビ「恋のから騒ぎ」に3期生として登場しているが、塩村都議は14期生として同番組に出演。後輩に浴びせられた心無いヤジに怒り心頭の様子だった。西川は2010年に福祉関係の会社役員と38歳で結婚。今年1月に離婚した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る