「結婚できない人もいる」西川史子がセクハラ野次に怒り心頭

公開日:  更新日:

 東京都議会で発生した“セクハラやじ問題”を女医が一刀両断だ。

 18日に都議会で塩村文夏議員(35)に対して放たれた「早く結婚したほうがいいんじゃないか?」というヤジに、タレントで医師の西川史子(43)が、22日放送のTBS「サンデー・ジャポン」で切り捨てた。

「産みたくても産めない方、結婚したくてもできない方もいるわけだから、ちょっとデリカシーがなさすぎる」

「普段からそういう風に考えているから言ってしまうんだろう。政治家としてどうなんだろう」と、いつもの高飛車キャラとは打って変わって真剣な表情で批判した。

 西川は、1996年に日本テレビ「恋のから騒ぎ」に3期生として登場しているが、塩村都議は14期生として同番組に出演。後輩に浴びせられた心無いヤジに怒り心頭の様子だった。西川は2010年に福祉関係の会社役員と38歳で結婚。今年1月に離婚した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る