「結婚できない人もいる」西川史子がセクハラ野次に怒り心頭

公開日:  更新日:

 東京都議会で発生した“セクハラやじ問題”を女医が一刀両断だ。

 18日に都議会で塩村文夏議員(35)に対して放たれた「早く結婚したほうがいいんじゃないか?」というヤジに、タレントで医師の西川史子(43)が、22日放送のTBS「サンデー・ジャポン」で切り捨てた。

「産みたくても産めない方、結婚したくてもできない方もいるわけだから、ちょっとデリカシーがなさすぎる」

「普段からそういう風に考えているから言ってしまうんだろう。政治家としてどうなんだろう」と、いつもの高飛車キャラとは打って変わって真剣な表情で批判した。

 西川は、1996年に日本テレビ「恋のから騒ぎ」に3期生として登場しているが、塩村都議は14期生として同番組に出演。後輩に浴びせられた心無いヤジに怒り心頭の様子だった。西川は2010年に福祉関係の会社役員と38歳で結婚。今年1月に離婚した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る