息子が語った周富徳の素顔 「好物は中華でなくハンバーグ」

公開日:  更新日:

「殴られたのは後にも先にもあの一度だけでした」

 こう振り返ったのは、「炎の料理人」周富徳(享年71)の息子・周志鴻。誤嚥性肺炎のため4月8日に亡くなった周富徳の「お別れの会」が13日、自身がオーナーだった東京・北青山の「広東名菜 富徳」で営まれた。

 道場六三郎(83)、岸朝子(90)など「料理の鉄人」でお馴染みのメンバーのほか、鳩山邦夫衆院議員(65)や舛添要一東京都知事(65)などが献花に訪れ、故人を偲びつつレタスチャーハンやエビマヨなどに舌鼓。また、90年代に「浅草橋ヤング洋品店」(通称・浅ヤン)の出演でバラエティー進出のキッカケをつくったテリー伊藤(64)も参列し、「園遊会とかすごいところで作ってた方なのに、僕が面白おかしくテレビの世界に引きずり下ろしちゃって、申し訳ないと思っている。でも、周さんは女好きだった。ロケにカワイイ子を連れて来たり、楽しい思い出しかない」と懐かしんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る