息子が語った周富徳の素顔 「好物は中華でなくハンバーグ」

公開日: 更新日:

「殴られたのは後にも先にもあの一度だけでした」

 こう振り返ったのは、「炎の料理人」周富徳(享年71)の息子・周志鴻。誤嚥性肺炎のため4月8日に亡くなった周富徳の「お別れの会」が13日、自身がオーナーだった東京・北青山の「広東名菜 富徳」で営まれた。

 道場六三郎(83)、岸朝子(90)など「料理の鉄人」でお馴染みのメンバーのほか、鳩山邦夫衆院議員(65)や舛添要一東京都知事(65)などが献花に訪れ、故人を偲びつつレタスチャーハンやエビマヨなどに舌鼓。また、90年代に「浅草橋ヤング洋品店」(通称・浅ヤン)の出演でバラエティー進出のキッカケをつくったテリー伊藤(64)も参列し、「園遊会とかすごいところで作ってた方なのに、僕が面白おかしくテレビの世界に引きずり下ろしちゃって、申し訳ないと思っている。でも、周さんは女好きだった。ロケにカワイイ子を連れて来たり、楽しい思い出しかない」と懐かしんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る