日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「1年前に会った時はもう…」盟友が明かす周富徳さんの最期

「炎の料理人」と呼ばれた中華料理人、周富徳さんが今月8日に誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去していた。享年71。

 たしかな腕前と軽妙な話術は、厨房を飛び出し、テレビでも大受け。「浅草橋ヤング洋品店」(テレビ東京系)や「料理の鉄人」(フジテレビ系)などバラエティー番組でも引っ張りだこだった。

 芸人顔負けのパフォーマンスで人気を博したが、2000年には社長を務める「富徳」など2社が、東京国税局から6000万円を追徴課税されたことも。ここ数年は体調を崩し、入院生活だったという。

「もう、さみしいよ~。僕がまだ20代で香港にいた時からの関係だからね。日本に来て一番お世話になった人だよ~」

 悲しみにくれるのは金萬福さん(59)。金さんは香港の名店「鳳凰酒楼」「好彩酒楼」などで料理長を務め、88年に来日。周さんとは「浅ヤン」の“中華大戦争”で共演。カタコト日本語が懐かしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事