「1年前に会った時はもう…」盟友が明かす周富徳さんの最期

公開日:  更新日:

「炎の料理人」と呼ばれた中華料理人、周富徳さんが今月8日に誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去していた。享年71。

 たしかな腕前と軽妙な話術は、厨房を飛び出し、テレビでも大受け。「浅草橋ヤング洋品店」(テレビ東京系)や「料理の鉄人」(フジテレビ系)などバラエティー番組でも引っ張りだこだった。

 芸人顔負けのパフォーマンスで人気を博したが、2000年には社長を務める「富徳」など2社が、東京国税局から6000万円を追徴課税されたことも。ここ数年は体調を崩し、入院生活だったという。

「もう、さみしいよ~。僕がまだ20代で香港にいた時からの関係だからね。日本に来て一番お世話になった人だよ~」

 悲しみにくれるのは金萬福さん(59)。金さんは香港の名店「鳳凰酒楼」「好彩酒楼」などで料理長を務め、88年に来日。周さんとは「浅ヤン」の“中華大戦争”で共演。カタコト日本語が懐かしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る