元TBSアナ鈴木史朗さんは今…ゲームの腕が「神の領域」に

公開日: 更新日:

 61歳で出したシングル「想春譜」(永六輔作詞・平尾昌晃作曲)は約6万枚売れた。

「2枚目の『月と盃』はたいしたことありませんでした。でも、これを聞いた日本舞踊の美柳流の家元がぜひ私たちのために歌って欲しい、とおっしゃった。それで10年くらい前から個人的に歌いためたテープをお送りしたところ、今年になって『日本歌謡名曲集』って立派なCDにして下さいました。家元いわく、ボクの歌は情感が込めやすく、踊りやすいそうです。ハワイやロスなど世界中にいる日本舞踊の愛好者の方たちに、ボクの歌がお役に立ってると思うとうれしい限りです」

 歌は「伊豆の佐太郎」「明治一代女」「隅田川」「お夏清十郎」などTBS時代、長く歌謡番組のDJをしていた経験から精選した曲ばかりだ。

 また、17年前からクリエーターを育成する専門学校の東放学園で、マスコミ志望の若者を月1回教え、講演活動を月1回のペースで行っている。

 中学1年生の男の子と小学3年生の女の子の孫が2人。

「もう十分過ぎるほど働いたし、2次元のゲームの世界も卒業して、3次元の現世を卒業する準備を始めようと思ってます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  6. 6

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    白鵬45回目Vで現役続行示唆も品格ゼロ! 相撲協会激怒で親方株「継承不認可」が急浮上

  9. 9

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  10. 10

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

もっと見る