デビル雅美 小倉名物ぬか漬け「糠蔵」の店長になっていた

公開日:  更新日:

 アジャ・コング、ダンプ松本、尾崎魔弓、ブル中野、北斗晶…。不思議なことに、女子プロレスの場合、記憶に残る選手はヒールが多い。きょう登場のデビル雅美さん(52)の名前を覚えている人も多いだろう。今どうしているのか。

 会ったのはJR小倉駅から徒歩15分、小倉城天守閣横に出店している漬物処「糠蔵」。デビルさんは同店の店長をしている。

「6年前に引退して故郷の北九州市若松に戻り、スーパーの夜間マネジャーをしてたんですよ。『糠蔵』の店長にスカウトされたのは4年近く前かな。料理を作るのは好きでも、ぬか漬けにまでは手が回らなかったのでわけがわからず、ビックリしました」

「糠蔵」は小倉名物のぬか漬けを製造・販売している老舗。ぬか床の樽やぬか漬けの桶は計15個あり、1個20~30キロ。これをひとりで管理している。ぬか床をかき混ぜ、野菜を漬けた樽や桶を保管場所に運ぶ。相当な力がないと務まらない仕事だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る