オジサン心をくすぐる韓ドラ「光と影」のソン・ダムビの魅力

公開日:  更新日:

「冬ソナ」が第1次、「チャングム」が第2次とすれば、最近は“第3次韓ドラブーム”だろうか。BSフジで放送中の「光と影」のチェヨンが、男性の心をくすぐっている。演じているのは、歌手が本業のソン・ダムビ(30)だ。

 07年、23歳でソロ歌手として本格デビュー。翌08年「狂った」、09年「土曜の夜に」が大ヒットし、遅いスタートを挽回した。米国で修業したというパワフルなダンスがウリで、“韓国のビヨンセ”といわれている。

 ダンスもイイが、ソン・ダムビといえば、何といっても、そのセクシーさが魅力だ。169センチ、45キロ、スラリと伸びた長い脚が目を引く。大きい切れ長の目とポッテリとした唇が、男性ファンを引きつけている。

■浮いたウワサは一切なし

 派手なイメージだが、保守的な両親に厳しく育てられた。中学時代の門限は6時。反発して夜中まで外で遊び回っていたら、髪を丸刈りにされてしまったという。デビューが遅かったのも、両親の厳しい教育方針のため。ソウルで生まれ育ち、高校時代には何度も街でスカウトされたが、「高校を卒業するまではダメ!」と、芸能活動を許してもらえなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る