日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ホットロード」「小さいおうち」…松竹がヒット作連発の事情

 映画界に異変である。邦画の興行成績では長らく東宝が独走して、トップの地位を築き上げてきたが、最近、松竹が猛烈に追い上げている。数字的にはまだまだ東宝には及ばないが、その健闘ぶりには特筆すべきものがある。

 松竹は今年5作品が興収10億円を突破する。公開順に「小さいおうち」(興収14億円)、「白ゆき姫殺人事件」(10億円)、「超高速!参勤交代」(15億円)、「好きっていいなよ。」(11億円)、「ホットロード」(20億円超見込み)。なかなか壮観である。

 年間を通してこれだけ多くの実写作品が10億円を超えるのは2000年以降では初めて。今後はもっと増えるかもしれない。いったい、松竹の何が変わったのか。

 第一に、いわゆる邦画のヒットの法則である人気小説や人気コミックの映画化をある程度、踏まえたことが大きい。これは東宝がこれまでやってきたことだが、松竹も迷わずこの“手法”を取り入れ始めたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事