「ホットロード」「小さいおうち」…松竹がヒット作連発の事情

公開日: 更新日:

 映画界に異変である。邦画の興行成績では長らく東宝が独走して、トップの地位を築き上げてきたが、最近、松竹が猛烈に追い上げている。数字的にはまだまだ東宝には及ばないが、その健闘ぶりには特筆すべきものがある。

 松竹は今年5作品が興収10億円を突破する。公開順に「小さいおうち」(興収14億円)、「白ゆき姫殺人事件」(10億円)、「超高速!参勤交代」(15億円)、「好きっていいなよ。」(11億円)、「ホットロード」(20億円超見込み)。なかなか壮観である。

 年間を通してこれだけ多くの実写作品が10億円を超えるのは2000年以降では初めて。今後はもっと増えるかもしれない。いったい、松竹の何が変わったのか。

 第一に、いわゆる邦画のヒットの法則である人気小説や人気コミックの映画化をある程度、踏まえたことが大きい。これは東宝がこれまでやってきたことだが、松竹も迷わずこの“手法”を取り入れ始めたのである。

 松竹は山田洋次監督作品に象徴されるように監督主導の作品や、比較的古いタイプの人情劇が多かった。それが会社カラーになっていてなかなか脱却できなかった。ところが、旧来型の企画、製作手法から路線変更して、ヒットの法則に舵を切り出したのだ。これに、「超高速!参勤交代」のような異色時代劇のヒットまで加わったのが現状だ。

 松竹はこれまで山田監督作品に“依存”してきた。だが、これからは山田作品を軸にしながらも、ヒットの動向を強烈に意識して、方向性を探ることを一段と鮮明にしていくだろう。映画界の新しい風になってほしいと思っている。
(映画ジャーナリスト・大高宏雄)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?