“崖っぷち”江角マキコは元カレ・武田真治に救われるのか?

公開日: 更新日:

 失礼ながら、芸能界では地味めの俳優・武田真治(41)が8月に発売したエッセー「優雅な肉体が最高の復讐である。」が関係者の注目を浴びている。

 武田といえば知る人ぞ知る江角マキコ(47)の「元カレ」。江角が最初の夫・霧島ローランドと結婚9カ月で離婚後、つきあったのが6歳年下の武田だった。

 その武田の新著に江角の素顔がつづられているのだ。

「武田が江角と知り合ったのは、彼が顎関節症でボロボロになり、とりまきすべてが離れ、頼りにしていたマネジャーにも逃げられたどん底の時期。同著では江角の実名こそ書かれていませんが、ちょうどそんな時期に“支えてくれた恋人”として登場するのです」(出版関係者)

 同著によれば、江角は武田に対して、運動してエネルギーを発散させ、感情を安定させるようジムに通うことを勧めたり、病気治療に最適な病院を調べあげるなど、元バレーボール選手ならではのアドバイスが記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る