日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“崖っぷち”江角マキコは元カレ・武田真治に救われるのか?

 失礼ながら、芸能界では地味めの俳優・武田真治(41)が8月に発売したエッセー「優雅な肉体が最高の復讐である。」が関係者の注目を浴びている。

 武田といえば知る人ぞ知る江角マキコ(47)の「元カレ」。江角が最初の夫・霧島ローランドと結婚9カ月で離婚後、つきあったのが6歳年下の武田だった。

 その武田の新著に江角の素顔がつづられているのだ。

「武田が江角と知り合ったのは、彼が顎関節症でボロボロになり、とりまきすべてが離れ、頼りにしていたマネジャーにも逃げられたどん底の時期。同著では江角の実名こそ書かれていませんが、ちょうどそんな時期に“支えてくれた恋人”として登場するのです」(出版関係者)

 同著によれば、江角は武田に対して、運動してエネルギーを発散させ、感情を安定させるようジムに通うことを勧めたり、病気治療に最適な病院を調べあげるなど、元バレーボール選手ならではのアドバイスが記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事