“崖っぷち”江角マキコは元カレ・武田真治に救われるのか?

公開日: 更新日:

 失礼ながら、芸能界では地味めの俳優・武田真治(41)が8月に発売したエッセー「優雅な肉体が最高の復讐である。」が関係者の注目を浴びている。

 武田といえば知る人ぞ知る江角マキコ(47)の「元カレ」。江角が最初の夫・霧島ローランドと結婚9カ月で離婚後、つきあったのが6歳年下の武田だった。

 その武田の新著に江角の素顔がつづられているのだ。

「武田が江角と知り合ったのは、彼が顎関節症でボロボロになり、とりまきすべてが離れ、頼りにしていたマネジャーにも逃げられたどん底の時期。同著では江角の実名こそ書かれていませんが、ちょうどそんな時期に“支えてくれた恋人”として登場するのです」(出版関係者)

 同著によれば、江角は武田に対して、運動してエネルギーを発散させ、感情を安定させるようジムに通うことを勧めたり、病気治療に最適な病院を調べあげるなど、元バレーボール選手ならではのアドバイスが記されている。

 しかし、武田は若さゆえの愚かさで〈感謝すべき彼女の勇敢で愛情深いその言葉さえも突っぱねてしまい〉(「優雅な肉体――」から)破局、孤立無援となってしまったとか。

 武田から見た江角は画面のイメージ通り“頼れる姉御”だったようだ。さて、江角の元カレが書いたこの本、小学校のママ友とのバトルに端を発し、今や芸能界の断崖絶壁に追い込まれた江角には、過去を見つめ直すためにも一読をススメたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”