日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ポルノの帝王”久保新二氏が語る楳図かずお氏との共同生活

 66年「血は太陽よりも赤い」(若松孝二監督)でデビュー。ピンク映画に転じてからは「痴漢電車」(滝田洋二郎監督)や「未亡人下宿」(山本晋也監督)シリーズなど850本以上の作品に出演した。今も現役、“ポルノの帝王”久保新二さん(66)の下積み時代は――。

 オレがウメズと同棲してた、なーんて、本人同士のほかに知ってるヤツなんていないんじゃないかなあ。どこのウメズかって? 漫画家の楳図かずおだよ。49年も前、楳図が、漫画で飯食うために奈良から上京して3年目ぐらい。先輩漫画家の居候から卒業し、一人暮らしを始めて間もない頃だった。毎晩ひとつの布団に入って、不思議とケンカもせず寝てたっけ。

 といっても、乳くり合ってたワケじゃないぞ。オレはもちろん、その頃からナヨナヨして奇抜な服着てた楳図もホモじゃねえから。当時、オレは3カ月で高校中退して「劇団ひまわり」に入り、俳優を目指してた。で、メジャーデビュー前だった楳図も10歳ぐらいサバ読んで「ひまわり」の青年部にいたんだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事