日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

反響なく焦りか 掟破りの不倫バクロ続ける矢口真里の苦境

 この年末年始、出ずっぱりだったのが元「モーニング娘。」の矢口真里(31)。元夫の中村昌也(28)と不倫相手の「自宅鉢合わせ騒動」で芸能活動を自粛していたが、昨年10月に約1年半の沈黙を破って「ミヤネ屋」に出演すると、せきを切ったようにテレビに出まくった。

 正月の「ワイドナショー元旦SP」(フジテレビ系)では、不倫がテーマのドラマ「昼顔」にハマったと話し、「ダウンタウン」松本人志(51)から「例の、あん時(鉢合わせした時)は『昼顔』やったの? 『夜顔』やったの?」と聞かれ、「時間帯ですか? 『朝顔』ですね」と暴露。復帰直後の「お互いプライベートは口外しないと約束したので、私も自分からしゃべることはできない」という言葉がウソのようだ。

 この手のひら返しには、「復帰しても効果や反響が少なかったことに焦って、約束を破ってでもネタにするしかないと覚悟したのでしょう。ただ、見た目も休止前と何も変わっていないし、オイシイ要素も特にない。話題になるとしたら同棲相手との結婚でしょうが、それも大したインパクトにはならない」(テレビ関係者)と厳しい声が。

 復帰はしたが、イバラの道は続くようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事