反響なく焦りか 掟破りの不倫バクロ続ける矢口真里の苦境

公開日:  更新日:

 この年末年始、出ずっぱりだったのが元「モーニング娘。」の矢口真里(31)。元夫の中村昌也(28)と不倫相手の「自宅鉢合わせ騒動」で芸能活動を自粛していたが、昨年10月に約1年半の沈黙を破って「ミヤネ屋」に出演すると、せきを切ったようにテレビに出まくった。

 正月の「ワイドナショー元旦SP」(フジテレビ系)では、不倫がテーマのドラマ「昼顔」にハマったと話し、「ダウンタウン」松本人志(51)から「例の、あん時(鉢合わせした時)は『昼顔』やったの? 『夜顔』やったの?」と聞かれ、「時間帯ですか? 『朝顔』ですね」と暴露。復帰直後の「お互いプライベートは口外しないと約束したので、私も自分からしゃべることはできない」という言葉がウソのようだ。

 この手のひら返しには、「復帰しても効果や反響が少なかったことに焦って、約束を破ってでもネタにするしかないと覚悟したのでしょう。ただ、見た目も休止前と何も変わっていないし、オイシイ要素も特にない。話題になるとしたら同棲相手との結婚でしょうが、それも大したインパクトにはならない」(テレビ関係者)と厳しい声が。

 復帰はしたが、イバラの道は続くようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る