• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森光子は離婚…“後継者”仲間由紀恵が迫られる「究極の選択」

 昨年9月に俳優の田中哲司と結婚した仲間由紀恵に風格が漂い始めた。

 朝ドラ「花子とアン」の好演が女優としてのキャリアをワンステージ上に押し上げたが、その一端が垣間見られたのが年末の日本レコード大賞の司会ぶり。TBSの安住紳一郎アナとの軽妙な掛け合いは評判で、「妖怪ウォッチ」のコーナーでは「続いての賞はこちらだニャン」とかわいいアドリブも。

 日本エレキテル連合を紹介する際には「いいじゃないの~」とものまねまで披露した。4種類の衣装も華麗に着こなし、特に最後の真っ赤なドレスは胸元がオープンに。紅白司会の吉高由里子がうまく言えなかった「きゃりーぱみゅぱみゅ」も噛まずに紹介するなど、さすがとうならされる司会ぶりだった。

 女優としてもドラマ「相棒」正月スペシャルに重要な役どころで登場。秋に主演した連続ドラマ「SAKURA」の不調を吹き飛ばす存在感を見せつけた。これが新妻の安定感なのか、落ち着きはらい、いずれも堂々たる仕事ぶりなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る