「幻魔大戦」原作者・平井和正氏死去で新連載はどうなる?

公開日:  更新日:

 17日、神奈川県鎌倉市の病院で急性心不全で死去した“SF界の巨匠”平井和正氏(享年76)。漫画「8マン」の原作や小説「幻魔大戦」シリーズで知られるが、関係者などによると、晩年も精力的に執筆活動を続けていたという。

「平井さんは、インターネットがほとんど普及していなかった頃から電子書籍に積極的で、94年に日本で初となるオンライン小説をパソコン通信で連載するなど、常に時代を先取りしていた。まさに巨匠の名にふさわしいSF作家でしょう」(出版関係者)

 中央大法学部在学中の61年に、作家デビュー。63年に漫画の原作を担当した「8マン」はテレビアニメ化され、裏番組の「鉄腕アトム」を超える視聴率を記録した。

 その平井氏の名前を不動のものにしたのが、漫画家の故・石ノ森章太郎と共作し、その後自身で小説化した幻魔大戦シリーズだ。79年の刊行から総計2000万部を超えるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る