「幻魔大戦」原作者・平井和正氏死去で新連載はどうなる?

公開日:  更新日:

 17日、神奈川県鎌倉市の病院で急性心不全で死去した“SF界の巨匠”平井和正氏(享年76)。漫画「8マン」の原作や小説「幻魔大戦」シリーズで知られるが、関係者などによると、晩年も精力的に執筆活動を続けていたという。

「平井さんは、インターネットがほとんど普及していなかった頃から電子書籍に積極的で、94年に日本で初となるオンライン小説をパソコン通信で連載するなど、常に時代を先取りしていた。まさに巨匠の名にふさわしいSF作家でしょう」(出版関係者)

 中央大法学部在学中の61年に、作家デビュー。63年に漫画の原作を担当した「8マン」はテレビアニメ化され、裏番組の「鉄腕アトム」を超える視聴率を記録した。

 その平井氏の名前を不動のものにしたのが、漫画家の故・石ノ森章太郎と共作し、その後自身で小説化した幻魔大戦シリーズだ。79年の刊行から総計2000万部を超えるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る