日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「心をわし掴みに…」石田ゆり子が映画「悼む人」出演経緯語る

 26日、映画「悼む人」の完成披露試写会が都内で開催され、高良健吾、石田ゆり子、貫地谷しほり、大竹しのぶ、堤幸彦監督らが登壇した。

 主演の高良は「俳優デビュー10年目の節目にこの役を演じられてうれしかったです」とコメント。

 ヒロインを演じた石田は自ら出演を志願したそうで、「原作を読んで心をわし掴みにされた。どうしてもこの役をやりたいと思ったんです。黙っていたら絶対に自分には来ない役だと思って、立候補しました」と出演の経緯を語った。

 映画は2月14日公開。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事