• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米女優アンジェリーナ・ジョリーが湯川遥菜さんに追悼の意

 ハリウッド女優アンジェリーナ・ジョリー(39)が25日、イラク北部の難民キャンプを訪れ、イスラム国が権勢を誇る地域に住めなくなった難民たちを勇気づけた。

 UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の特使であるジョリーは「シリアではイスラム国の悪事によって、罪のない市民が犠牲になっている。イラクでも過去半年で約200万人が難民になった。国際社会がこの問題に踏み込んで阻止していくしかない」と熱弁を振るった。

 また湯川さん殺害にも触れ、「湯川遥菜さんとそのご家族には心よりお悔やみ申し上げます」と哀悼の意を表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る