• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

萩尾みどりさん憧れる「岸恵子」 契機はメーク室での“助け舟”

 昨年デビュー40周年を迎え、女優のほかに最近では旅番組のリポーターや環境問題の講演会講師として活躍中の萩尾みどりさん(61)。新人時代から尊敬の念を抱いてやまないのがこの人だ――。

 第一印象で相手の見方が決まることがよくあると思いますが、私にとって岸恵子さん(82)との出会いは、まさにそれですね。あれは1977年の秋のこと。翌年2月に公開された東宝映画「女王蜂」の撮影の初日でした。

 この作品は横溝正史原作、主演は石坂浩二さん、ヒロインが中井貴恵さん、そして、脇を岸恵子さん、高峰三枝子さん、司葉子さんといった当時の日本映画界を代表する大女優が固め、市川崑監督がメガホンを取りました。テレビドラマ中心だった私にとっても、メジャー映画に初出演できた思い出深い作品です。

 成城の東宝スタジオの化粧室に、早朝7時入りと言われ、私は6時50分にはドアの前に立っていました。新人らしく元気よくドアを開けて、「おはようございます!」と挨拶。ところがその途端、こちらがビックリするような大きな声で、怒られてしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る