萩尾みどりさん憧れる「岸恵子」 契機はメーク室での“助け舟”

公開日:  更新日:

 昨年デビュー40周年を迎え、女優のほかに最近では旅番組のリポーターや環境問題の講演会講師として活躍中の萩尾みどりさん(61)。新人時代から尊敬の念を抱いてやまないのがこの人だ――。

 第一印象で相手の見方が決まることがよくあると思いますが、私にとって岸恵子さん(82)との出会いは、まさにそれですね。あれは1977年の秋のこと。翌年2月に公開された東宝映画「女王蜂」の撮影の初日でした。

 この作品は横溝正史原作、主演は石坂浩二さん、ヒロインが中井貴恵さん、そして、脇を岸恵子さん、高峰三枝子さん、司葉子さんといった当時の日本映画界を代表する大女優が固め、市川崑監督がメガホンを取りました。テレビドラマ中心だった私にとっても、メジャー映画に初出演できた思い出深い作品です。

 成城の東宝スタジオの化粧室に、早朝7時入りと言われ、私は6時50分にはドアの前に立っていました。新人らしく元気よくドアを開けて、「おはようございます!」と挨拶。ところがその途端、こちらがビックリするような大きな声で、怒られてしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る