• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お笑いやる暇なし? 出版界で「ピース又吉センセイ」争奪戦

 老舗文芸誌「文学界」を創刊史上初の大増刷に導いた作家、「ピース」又吉直樹(34)の勢いが止まらない。

 通常1万部に満たない発行部数を累計4万部に引き上げただけでなく、掲載された中編小説「火花」は3月11日に単行本として刊行される。先週末(1月30日)、発行元の文芸春秋が発表した。

「書籍化は2月号(文学界)の発売前からすでに決まっており、既定路線です。ただ雑誌がここまで売れたのは想定外。彼の筆力と作家としての可能性からすれば、賞レースは十分に狙えるでしょう」(版元関係者)

 ギョーカイ内でも、「読書好きとセンスの良さを売りにした芸人の余技だろうと眉唾物で読んだら、肩すかしを食らった。登場人物の心情描写に書き手の個性が光り、心を打つ。芥川賞候補としてノミネートされるのは間違いない」(出版関係者)と評判はうなぎ上り。単なるタレント作家のレベルでないのは確かなようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る