• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

お笑いやる暇なし? 出版界で「ピース又吉センセイ」争奪戦

 老舗文芸誌「文学界」を創刊史上初の大増刷に導いた作家、「ピース」又吉直樹(34)の勢いが止まらない。

 通常1万部に満たない発行部数を累計4万部に引き上げただけでなく、掲載された中編小説「火花」は3月11日に単行本として刊行される。先週末(1月30日)、発行元の文芸春秋が発表した。

「書籍化は2月号(文学界)の発売前からすでに決まっており、既定路線です。ただ雑誌がここまで売れたのは想定外。彼の筆力と作家としての可能性からすれば、賞レースは十分に狙えるでしょう」(版元関係者)

 ギョーカイ内でも、「読書好きとセンスの良さを売りにした芸人の余技だろうと眉唾物で読んだら、肩すかしを食らった。登場人物の心情描写に書き手の個性が光り、心を打つ。芥川賞候補としてノミネートされるのは間違いない」(出版関係者)と評判はうなぎ上り。単なるタレント作家のレベルでないのは確かなようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る