• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ピース又吉 文芸誌デビュー作は「芥川賞」「直木賞」両睨み

 7日発売の文芸誌「文学界」2月号(文芸春秋)にお笑いタレントの名前がドーン。文壇を震撼させている。ちりちりロン毛でおなじみ、芸人コンビ「ピース」の又吉直樹(34)が純文学作品「火花」を執筆し、文芸誌デビューを果たしたのだ。

 タレント作家の掲載は異例中の異例。「少し前から社内の文芸編集者の間ではその質の高さが評判になっていた」(版元関係者)という。テレビでは売れっ子の芸人で、通算2000冊以上を読了した“読書芸人”としても知られる。これまでさまざまな媒体で書評やコラム、帯文を手がけ、「読み手のプロ」(雑誌編集者)としては定評がある。

 すでに共著の俳句集やエッセー集を刊行、12年には「別冊文芸春秋」で短編小説も発表しているが、今回の最新作は、400字詰め原稿用紙230枚分の中編小説。若手芸人の「僕」が語り手となり、先輩芸人「神谷才蔵」の才気や挫折を描く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る