出産で勘当 試食に通い大根使い回した広田レオナの20代

公開日:  更新日:

 広田レオナ(51)が映画「だいじょうぶマイ・フレンド」のヒロインでデビューした1980年代、芸能界の主流は清純なアイドルタレント。バレエで欧州留学してプリマにまでなりながら、腰を痛めて挫折、転身してきた10代にとって、そこは実にインチキくさく映った。

 極めつきはレオナ24歳のとき。「子どもができました」と事務所に報告したところ、「ここまで頑張ってきたのよ」「1年先のスケジュールまで決まっているの。おろして欲しい」と言われた。51歳になったレオナに当時のことを聞くと、「タレントとしては失格ですね。反省すべき」とし、こう続けた。

「当時の私には、おろすという選択肢はありませんでした。それまで男子禁制というか、いてもゲイばかりという『おとぎの国』のようなバレエの世界だけで生きてきた分、大人の社会の常識に欠けていたというか……。恋愛して結ばれて子どもを授かったら、産むのが当然と信じて疑わなかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る