出産で勘当 試食に通い大根使い回した広田レオナの20代

公開日: 更新日:

 広田レオナ(51)が映画「だいじょうぶマイ・フレンド」のヒロインでデビューした1980年代、芸能界の主流は清純なアイドルタレント。バレエで欧州留学してプリマにまでなりながら、腰を痛めて挫折、転身してきた10代にとって、そこは実にインチキくさく映った。

 極めつきはレオナ24歳のとき。「子どもができました」と事務所に報告したところ、「ここまで頑張ってきたのよ」「1年先のスケジュールまで決まっているの。おろして欲しい」と言われた。51歳になったレオナに当時のことを聞くと、「タレントとしては失格ですね。反省すべき」とし、こう続けた。

「当時の私には、おろすという選択肢はありませんでした。それまで男子禁制というか、いてもゲイばかりという『おとぎの国』のようなバレエの世界だけで生きてきた分、大人の社会の常識に欠けていたというか……。恋愛して結ばれて子どもを授かったら、産むのが当然と信じて疑わなかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る