日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(下)

 芸能界では「14歳」でもバリバリ働いている子役は多いが、一般社会では中学2年生。成島監督は、映画に出演した14歳たちのこれからについても考えていた。

「14歳」というのは、デビューで最初にドーンと売れちゃうと、その後みんな結構壊れちゃうんですよ。吉永(小百合)さんの映画デビューも14歳。日活のアイドルとして一世を風靡したときは良かったけど、「演技派女優」という評価がなかなかもらえなくて悩んでいた。周りから「代表作がない」と批判されているうち、20歳か21歳の頃にストレスで声が出なくなったと言っていました。

(宮沢)りえちゃんも14歳のときに(初代「リハウスガール」で)ブレークした後に「Santa Fe」でヌードになって、(当時の貴花田と)スピード婚約解消したり。

 柳楽(優弥)くんは14歳のとき「誰も知らない」(04年公開)でカンヌ(国際映画祭)の主演男優賞を取って、その後も「星になった少年」とかで注目されて……、4年後(08年)には(安定剤の大量服用で)病院に運ばれてましたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事