映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(下)

公開日: 更新日:

 芸能界では「14歳」でもバリバリ働いている子役は多いが、一般社会では中学2年生。成島監督は、映画に出演した14歳たちのこれからについても考えていた。

「14歳」というのは、デビューで最初にドーンと売れちゃうと、その後みんな結構壊れちゃうんですよ。吉永(小百合)さんの映画デビューも14歳。日活のアイドルとして一世を風靡したときは良かったけど、「演技派女優」という評価がなかなかもらえなくて悩んでいた。周りから「代表作がない」と批判されているうち、20歳か21歳の頃にストレスで声が出なくなったと言っていました。

(宮沢)りえちゃんも14歳のときに(初代「リハウスガール」で)ブレークした後に「Santa Fe」でヌードになって、(当時の貴花田と)スピード婚約解消したり。

 柳楽(優弥)くんは14歳のとき「誰も知らない」(04年公開)でカンヌ(国際映画祭)の主演男優賞を取って、その後も「星になった少年」とかで注目されて……、4年後(08年)には(安定剤の大量服用で)病院に運ばれてましたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る