映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(下)

公開日:  更新日:

 芸能界では「14歳」でもバリバリ働いている子役は多いが、一般社会では中学2年生。成島監督は、映画に出演した14歳たちのこれからについても考えていた。

「14歳」というのは、デビューで最初にドーンと売れちゃうと、その後みんな結構壊れちゃうんですよ。吉永(小百合)さんの映画デビューも14歳。日活のアイドルとして一世を風靡したときは良かったけど、「演技派女優」という評価がなかなかもらえなくて悩んでいた。周りから「代表作がない」と批判されているうち、20歳か21歳の頃にストレスで声が出なくなったと言っていました。

(宮沢)りえちゃんも14歳のときに(初代「リハウスガール」で)ブレークした後に「Santa Fe」でヌードになって、(当時の貴花田と)スピード婚約解消したり。

 柳楽(優弥)くんは14歳のとき「誰も知らない」(04年公開)でカンヌ(国際映画祭)の主演男優賞を取って、その後も「星になった少年」とかで注目されて……、4年後(08年)には(安定剤の大量服用で)病院に運ばれてましたからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る