厚切りジェイソンはお笑いとIT企業役員の“二足のわらじ”

公開日: 更新日:

 そんなジェイソンが日本でお笑い芸人をしている理由は、研究のために初来日した05年にさかのぼる。日本語もわからずに見た「エンタの神様」でお笑いにハマり、自分もお笑い芸人になりたいと決意し、11年に再来日。

「芸名は厚木市在住で胸板が厚いから“厚切り”に。それに本名のジェイソンを組み合わせたもの。初来日のときに知り合った1歳年上の日本人女性と07年に結婚、今では3歳になる長女と、生まれたばかりの次女がいます。本人はお笑い一本でやりたいのでしょうが、生活費を稼ぐためにはまだまだ会社を辞められない。今も、収録が終わると“これから役員会だ”“株主総会だ”と慌てて帰ったりしています」(テレビ局関係者)

 お笑い仲間のとにかく明るい安村によると「シカゴにマンション持ってて家賃収入がある。しかも株もやっている」とか。最近出演した番組では「役員としての収入はお笑いのギャラの数千倍」と告白。収入が逆転する日は来るのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  5. 5

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  6. 6

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  7. 7

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る