志村けん絶賛 芸人タブレット純は“元・世捨て人”の異色経歴

公開日:  更新日:

 昨年9月の「歌ネタ王決定戦2014」に出場し、注目度が急上昇している芸人・タブレット純(40)。風貌も独特でしゃべりは超小声、なのにネタになるとギターを弾きながら力強い美声で、独特の世界観を発揮する。

 歌ネタ王決定戦では敗れはしたが、算数の入試問題集の中から文章題を朗読し、「♪そんなことより気になるのは……」と問題文に突っ込み。「♪この問題に答えがあるとしたら……かと思います」というオチを、ギターをかき鳴らしながらムード歌謡調に大げさに歌い上げるネタが大ウケした。審査員の志村けんに「クセになる。面白い。もう一回見たい」とまで言わしめたのだ。

 この他にも、ミカンの白い筋に「アルベド」という名前があることをネタにしたり、ノリ弁当に入っているフライの白身魚が「メルルーサ」という種類の魚であることを題材にした歌ネタや、声帯模写など持ちネタは豊富。明石家さんま、大竹まこと、チュートリアル徳井などの芸人たちにも支持されており、実力は折り紙つきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る