志村けん絶賛 芸人タブレット純は“元・世捨て人”の異色経歴

公開日: 更新日:

 昨年9月の「歌ネタ王決定戦2014」に出場し、注目度が急上昇している芸人・タブレット純(40)。風貌も独特でしゃべりは超小声、なのにネタになるとギターを弾きながら力強い美声で、独特の世界観を発揮する。

 歌ネタ王決定戦では敗れはしたが、算数の入試問題集の中から文章題を朗読し、「♪そんなことより気になるのは……」と問題文に突っ込み。「♪この問題に答えがあるとしたら……かと思います」というオチを、ギターをかき鳴らしながらムード歌謡調に大げさに歌い上げるネタが大ウケした。審査員の志村けんに「クセになる。面白い。もう一回見たい」とまで言わしめたのだ。

 この他にも、ミカンの白い筋に「アルベド」という名前があることをネタにしたり、ノリ弁当に入っているフライの白身魚が「メルルーサ」という種類の魚であることを題材にした歌ネタや、声帯模写など持ちネタは豊富。明石家さんま、大竹まこと、チュートリアル徳井などの芸人たちにも支持されており、実力は折り紙つきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る