厚切りジェイソンはお笑いとIT企業役員の“二足のわらじ”

公開日: 更新日:

 お笑い界の「黒船」として人気急上昇。芸人仲間からも「強力なライバル」として恐れられているのが、芸歴わずか5カ月の米国人ピン芸人・厚切りジェイソン(28)だ。ステージ経験もほとんどないまま、ワタナベエンターテインメントのお笑い養成所を卒業する前に「R-1ぐらんぷり2015」にエントリー。見る見る頭角を現し、ファイナルステージに進出。それだけでも十分異色だが、現職のIT企業役員というのだから話題にならないわけがない。

 もちろん、話題性だけではなく、実力も相当なもの。ホワイトボードに漢字を書き出し、漢字の不可解さや難しさを訴え、最後に「ホワイ、ジャパニーズ・ピープル!」と絶叫する芸で、「R-1」準決勝では観客席投票で1位を獲得。ツイッターのフォロワー数も、番組直後から1万人以上増やした。バラエティー番組でも漢字が出てくるたびに場をさらってしまうほどアドリブにも長けている。17歳でミシガン州立大学に飛び級で入学後、イリノイ大アーバナ・シャンペーン校の大学院卒のエリート。しかも日本語検定1級の超インテリなのだからそれも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る