厚切りジェイソンはお笑いとIT企業役員の“二足のわらじ”

公開日:  更新日:

 お笑い界の「黒船」として人気急上昇。芸人仲間からも「強力なライバル」として恐れられているのが、芸歴わずか5カ月の米国人ピン芸人・厚切りジェイソン(28)だ。ステージ経験もほとんどないまま、ワタナベエンターテインメントのお笑い養成所を卒業する前に「R-1ぐらんぷり2015」にエントリー。見る見る頭角を現し、ファイナルステージに進出。それだけでも十分異色だが、現職のIT企業役員というのだから話題にならないわけがない。

 もちろん、話題性だけではなく、実力も相当なもの。ホワイトボードに漢字を書き出し、漢字の不可解さや難しさを訴え、最後に「ホワイ、ジャパニーズ・ピープル!」と絶叫する芸で、「R-1」準決勝では観客席投票で1位を獲得。ツイッターのフォロワー数も、番組直後から1万人以上増やした。バラエティー番組でも漢字が出てくるたびに場をさらってしまうほどアドリブにも長けている。17歳でミシガン州立大学に飛び級で入学後、イリノイ大アーバナ・シャンペーン校の大学院卒のエリート。しかも日本語検定1級の超インテリなのだからそれも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る