厚切りジェイソンはお笑いとIT企業役員の“二足のわらじ”

公開日: 更新日:

 お笑い界の「黒船」として人気急上昇。芸人仲間からも「強力なライバル」として恐れられているのが、芸歴わずか5カ月の米国人ピン芸人・厚切りジェイソン(28)だ。ステージ経験もほとんどないまま、ワタナベエンターテインメントのお笑い養成所を卒業する前に「R-1ぐらんぷり2015」にエントリー。見る見る頭角を現し、ファイナルステージに進出。それだけでも十分異色だが、現職のIT企業役員というのだから話題にならないわけがない。

 もちろん、話題性だけではなく、実力も相当なもの。ホワイトボードに漢字を書き出し、漢字の不可解さや難しさを訴え、最後に「ホワイ、ジャパニーズ・ピープル!」と絶叫する芸で、「R-1」準決勝では観客席投票で1位を獲得。ツイッターのフォロワー数も、番組直後から1万人以上増やした。バラエティー番組でも漢字が出てくるたびに場をさらってしまうほどアドリブにも長けている。17歳でミシガン州立大学に飛び級で入学後、イリノイ大アーバナ・シャンペーン校の大学院卒のエリート。しかも日本語検定1級の超インテリなのだからそれも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る