厚切りジェイソンはお笑いとIT企業役員の“二足のわらじ”

公開日: 更新日:

 お笑い界の「黒船」として人気急上昇。芸人仲間からも「強力なライバル」として恐れられているのが、芸歴わずか5カ月の米国人ピン芸人・厚切りジェイソン(28)だ。ステージ経験もほとんどないまま、ワタナベエンターテインメントのお笑い養成所を卒業する前に「R-1ぐらんぷり2015」にエントリー。見る見る頭角を現し、ファイナルステージに進出。それだけでも十分異色だが、現職のIT企業役員というのだから話題にならないわけがない。

 もちろん、話題性だけではなく、実力も相当なもの。ホワイトボードに漢字を書き出し、漢字の不可解さや難しさを訴え、最後に「ホワイ、ジャパニーズ・ピープル!」と絶叫する芸で、「R-1」準決勝では観客席投票で1位を獲得。ツイッターのフォロワー数も、番組直後から1万人以上増やした。バラエティー番組でも漢字が出てくるたびに場をさらってしまうほどアドリブにも長けている。17歳でミシガン州立大学に飛び級で入学後、イリノイ大アーバナ・シャンペーン校の大学院卒のエリート。しかも日本語検定1級の超インテリなのだからそれも当然か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る