震災から4年 膨大な記録を貴重な“記憶”としてどう生かすか

公開日: 更新日:

【連載コラム「TV見るべきものは!!」】

 東日本大震災から4年。もう4年なのか、それともまだ4年なのか。その印象は被災地と、それ以外の地域で大きく異なる。特にテレビなどメディアを通じて震災と向き合ってきた人たちの中で、風化が急速に進んでいる。

 今年も3月11日を中心に、いわゆる震災関連番組が何本も流された。何があったのかを忘れないために、また今どうなっているのかを知るためにも必要な取り組みだ。

 先週11日に放送された、NHKスペシャル「“あの日の映像”と生きる」。当時撮影された津波の映像が、それを撮った人、映った人、そして見た人に、どんな影響を及ぼしているのかを伝えていた。たとえば陸前高田市の男性は、カメラを回していた自分が、映っている老人を助けられなかったことを後悔していた。だが、その老人の息子は、父親の生前最期の様子を知ることで、精神的に救われたと語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る