反町隆史も浮上…4代目相棒の条件は「水谷豊に逆らわぬこと」

公開日: 更新日:

 3月に最終回を迎えた水谷豊(62)主演の人気刑事ドラマ「相棒 season13」(テレビ朝日系)で、3代目相棒だった成宮寛貴(32)が卒業した。

 テレ朝のドル箱コンテンツであるシリーズは今後も継続するため、水谷の新相棒を巡っては仲間由紀恵織田裕二松坂桃李、SMAPの稲垣吾郎、2代目相棒をつとめていた及川光博……と賑やかな名前が飛び交っているが、なぜかここに来て、松嶋菜々子の夫の反町隆史(41)が急浮上してきたという。

「新相棒の条件として最も大切なのが、現場では“天皇”とも“殿下”ともいわれる水谷に絶対に意見しないことと、水谷の引き立て役に徹することができるかどうか。自己主張は必要ありません。そこで、総合的な演技力はともかく、最近は鳴かず飛ばずながら、セリフの少ない役だと高評価を得ている反町の名前が浮上している。反町は5月にテレ朝で放送されるスペシャルドラマに刑事役で主演。そのドラマが新相棒への伏線なのではと言われているのです」(テレ朝関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る