• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

反町隆史も浮上…4代目相棒の条件は「水谷豊に逆らわぬこと」

 3月に最終回を迎えた水谷豊(62)主演の人気刑事ドラマ「相棒 season13」(テレビ朝日系)で、3代目相棒だった成宮寛貴(32)が卒業した。

 テレ朝のドル箱コンテンツであるシリーズは今後も継続するため、水谷の新相棒を巡っては仲間由紀恵、織田裕二、松坂桃李、SMAPの稲垣吾郎、2代目相棒をつとめていた及川光博……と賑やかな名前が飛び交っているが、なぜかここに来て、松嶋菜々子の夫の反町隆史(41)が急浮上してきたという。

「新相棒の条件として最も大切なのが、現場では“天皇”とも“殿下”ともいわれる水谷に絶対に意見しないことと、水谷の引き立て役に徹することができるかどうか。自己主張は必要ありません。そこで、総合的な演技力はともかく、最近は鳴かず飛ばずながら、セリフの少ない役だと高評価を得ている反町の名前が浮上している。反町は5月にテレ朝で放送されるスペシャルドラマに刑事役で主演。そのドラマが新相棒への伏線なのではと言われているのです」(テレ朝関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る