• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸術にタブーなし「春画展」引き受けた細川元首相の“義侠心”

 国内初となる本格的な春画展の概要発表会見に細川護熙元総理(77)が登場した。

 今年9月から開催される同展は細川家伝来の文化財を公開している「永青文庫」(東京・文京区)の主催。理事長として出席した“殿”は「出版物ではすでに無修正で流通しているのに、実物が見られないのはおかしい。そういうタブーは破っていかないといけない」と熱弁。

 入場は「18禁」のこの春画展には北斎や歌麿らの作品をはじめ、国内外から名品約120点が集められるそうで、細川氏はスクリーンに映し出される春画の数々を見つめ、学芸員の説明に聞き入っていた。

「ピカソでもモネでも世界的な画家は春画を集めていた。外国では展示されているにもかかわらず、日本では(会場の確保が)難しいと。(開催は)義侠心で引き受けました」という細川氏。芸術にタブーなしとは、過激な性表現で逮捕された芸術家のろくでなし子が聞いたら泣いて喜びそうだが、今の細川氏には金と暇はあっても政治力は期待できないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る