芸術にタブーなし「春画展」引き受けた細川元首相の“義侠心”

公開日:  更新日:

 国内初となる本格的な春画展の概要発表会見に細川護熙元総理(77)が登場した。

 今年9月から開催される同展は細川家伝来の文化財を公開している「永青文庫」(東京・文京区)の主催。理事長として出席した“殿”は「出版物ではすでに無修正で流通しているのに、実物が見られないのはおかしい。そういうタブーは破っていかないといけない」と熱弁。

 入場は「18禁」のこの春画展には北斎や歌麿らの作品をはじめ、国内外から名品約120点が集められるそうで、細川氏はスクリーンに映し出される春画の数々を見つめ、学芸員の説明に聞き入っていた。

「ピカソでもモネでも世界的な画家は春画を集めていた。外国では展示されているにもかかわらず、日本では(会場の確保が)難しいと。(開催は)義侠心で引き受けました」という細川氏。芸術にタブーなしとは、過激な性表現で逮捕された芸術家のろくでなし子が聞いたら泣いて喜びそうだが、今の細川氏には金と暇はあっても政治力は期待できないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る