しびれ切らす人も…小泉・細川元首相コンビ“次の一手”は?

公開日: 更新日:

 元首相コンビの煮え切らない言動に、しびれを切らす人が増えている。29日夜、小泉純一郎氏(72)と細川護煕氏(76)は脱原発を訴えるロックフェスティバル「NO NUKES」に参加。10~20代の若い観客3000人に向かって「原発ゼロで日本を発展させよう」(小泉氏)と声を張り上げた。

 細川氏が今年2月に都知事選で敗れてからも、2人は一般社団法人・自然エネルギー推進会議を立ち上げて注目を集めてきた。小泉氏は「特定の候補者を応援することはありません」と言い続けているが、誰も本当だとは思っていない。郵政選挙を制した小泉氏なら、「きっと何かを仕掛けるに違いない」と考える向きが大多数なのだ。

 ところが、元首相コンビは今回も脱原発派の期待を裏切った。福島県知事選の告示日まであと10日。ロックフェスに駆け付けた取材陣は、2人の発言に注目したが、小泉氏は「(福島県知事選に関わる予定は)ありません」と否定。細川氏に至っては、「福島は脱原発、原発ノーと言わなくても皆さん分かっている話だから、それが改めて争点になるわけでもないでしょう。だから、そういう動きは私たちはしない」と言った。もはや屁理屈にしか聞こえない“敵前逃亡”ぶりではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る