• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急逝の今いくよさん スポーツ紙「訃報独占スクープ」の“裏側”

 漫才コンビ「今いくよ・くるよ」のいくよ(本名・里谷正子)さんが亡くなり、29日、相方のくるよが涙の会見を開いた。ずっと付き添っていた相方くるよさんの憔悴ぶりは痛々しいほど。

 ところで、この訃報では「なぜ?」「どういうことだ!」と関係者が騒然としたという。理由は訃報をスポニチ一紙が独占で伝えたからだ。

 横並び、一斉報道が主流の昨今の芸能マスコミで訃報の一紙抜きは極めて珍しい。所属の吉本興業は、てんやわんやの騒ぎになった。

「一報を伝えたのはスポニチのMデスクとみられています。読売テレビ『ミヤネ屋』の芸能コメンテーターを務めていますよ。自らを『お笑いとゴシップが大好物の芸能デスク』という通り、大阪の芸人と強いパイプを持っていて、楽屋にもズケズケ入っていき、突撃取材を厭わないことで知られています。芸能プロからは“要注意人物”としてマークされてもいる。今回のネタ元としては、大物ベテラン芸人の名前がささやかれています」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る