78歳「水戸黄門」復活…里見浩太朗の元気の秘訣はカカア天下

公開日:  更新日:

「なんだか証人台に立たされるみたいだなあ」

 3日、里見浩太朗が報道陣に囲まれた自身の状況にこう言って笑った。2011年に42年の歴史にピリオドを打った「水戸黄門」(TBS系)が29日にスペシャル版で復活することを受け、マスコミ懇談会が開かれた。

 1971年から88年までは2代目助さん役、2002年から最後まで5代目水戸光圀役を演じた里見は「65歳のときに(黄門役を)引き受けたので、“年寄りの匂い”がするはずなんですけど、当時は『それじゃあ助さんだよ』と言われたり、ときどき若い里見浩太朗が出てしまう。どうやったら老人の味を出せるかと悩まされました。今回は“枯れたご隠居さん”になっていたので、自信を持ってお送りできると思います」と、実年齢がようやく役に追いついてきたことを実感しているという。

 会見後には質問した記者に携帯電話に貼る「水戸黄門インローくんシール」を自ら配って回るサービス精神も見せた里見。御年78とは思えない若さだが、その秘訣は、里見の個人事務所の社長を務める信子夫人にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る