日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“傷心”の板野友美 理想のプロポーズ「何でもいい」と投げやり

 27日、都内で行われた「プロポーズの言葉コンテスト2015」受賞記者発表に出席した元AKB48の板野友美(23)。若い層への影響力と現代的センスを買われてお呼びがかかったというが、板野にとっては少し酷なタイミングだったようだ。

 ステージ上では、全国から集まった「プロポーズの言葉」3116点のうち優秀作品22点が読み上げられた。板野は終始ぼんやりと浮かない顔。イベント開始直後こそ、うなずいたり拍手を送っていたが、途中から無表情に。自慢のアヒル口は何とか保ちながらも、虚ろな目で力なく苦笑するばかりだった。

 無理もない。板野は結婚秒読みともいわれていた「EXILE」のTAKAHIRO(30)との破局が伝えられたばかり。1月に双方の事務所がタイミングを合わせて交際を否定すると、追い打ちをかけるように、TAKAHIROと女優・武井咲(21)の熱愛が4月、週刊誌に報じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事