“傷心”の板野友美 理想のプロポーズ「何でもいい」と投げやり

公開日:  更新日:

 27日、都内で行われた「プロポーズの言葉コンテスト2015」受賞記者発表に出席した元AKB48の板野友美(23)。若い層への影響力と現代的センスを買われてお呼びがかかったというが、板野にとっては少し酷なタイミングだったようだ。

 ステージ上では、全国から集まった「プロポーズの言葉」3116点のうち優秀作品22点が読み上げられた。板野は終始ぼんやりと浮かない顔。イベント開始直後こそ、うなずいたり拍手を送っていたが、途中から無表情に。自慢のアヒル口は何とか保ちながらも、虚ろな目で力なく苦笑するばかりだった。

 無理もない。板野は結婚秒読みともいわれていた「EXILE」のTAKAHIRO(30)との破局が伝えられたばかり。1月に双方の事務所がタイミングを合わせて交際を否定すると、追い打ちをかけるように、TAKAHIROと女優・武井咲(21)の熱愛が4月、週刊誌に報じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る