もう“バイバイ”撤回 「テラスハウス」復活に透けるフジの焦り

公開日: 更新日:

 一方で、否定的な見解を示すユーザーも少なくない。“本当のラスト”と銘打った映画版のキャッチコピーを引き合いに、<"バイバイ、テラスハウス"とはなんだったのか>といった揶揄や、<低視聴率フジテレビからすると、人気番組の続編ぐらいしかやることがないだろう>などの辛辣な意見も。

 2012年10月から2014年9月まで約2年間放送された人気番組だが、一部メディアでは番組の制作スタッフによるセクハラ・パワハラ、やらせ強要が報道され、テレビ版終了の引き金になったと目されている。

「賛否渦巻く“問題作”でしたが、YouTubeでも注目を集め、映画版も12億円以上を稼ぎました。フジテレビはそんなドル箱コンテンツをみすみす手放すことができなかったのでしょう。新番組が軒並み低迷するお家事情のなか、なりふり構っていられないフジの焦りが感じられますね」
(芸能ライター)

 ネットとテレビで展開する新生テラスハウス。低迷フジの起爆剤となるのか…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る