同じ毒舌系でも決定的差…坂上忍にあってヒロミにないもの

公開日: 更新日:

「これをきっかけに元のもくあみになるんじゃないか」――関係者に要らぬ心配をされているのはタレントのヒロミ(50)だ。自身がMCを務める番組「美女たちの日曜日」(テレビ朝日系)が、スタートからわずか3カ月で打ち切りとなった。ヒロミはブログを通じて「結果を出せなかった俺の力不足です」と謝罪しているが、芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「一時、芸能界から干されていたヒロミの復活は単に“毒舌ブーム”に乗っただけの話で、過去の反省や新鮮味はあまり感じられないんですよね。口調は相変わらずヤンキー風だし、目線もすべて“上から”。これが深夜放送される兄ちゃん向け番組の中の“その他大勢”の一人だったらともかく、日曜朝の番組の司会はあまりに荷が重過ぎましたね」

 裏番組が強力とはいえ、ヒロミの実力と器の大きさが露呈する形となった今回の打ち切り劇。最低視聴率が1.2%では言い訳も出来ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る