• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同じ毒舌系でも決定的差…坂上忍にあってヒロミにないもの

「これをきっかけに元のもくあみになるんじゃないか」――関係者に要らぬ心配をされているのはタレントのヒロミ(50)だ。自身がMCを務める番組「美女たちの日曜日」(テレビ朝日系)が、スタートからわずか3カ月で打ち切りとなった。ヒロミはブログを通じて「結果を出せなかった俺の力不足です」と謝罪しているが、芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「一時、芸能界から干されていたヒロミの復活は単に“毒舌ブーム”に乗っただけの話で、過去の反省や新鮮味はあまり感じられないんですよね。口調は相変わらずヤンキー風だし、目線もすべて“上から”。これが深夜放送される兄ちゃん向け番組の中の“その他大勢”の一人だったらともかく、日曜朝の番組の司会はあまりに荷が重過ぎましたね」

 裏番組が強力とはいえ、ヒロミの実力と器の大きさが露呈する形となった今回の打ち切り劇。最低視聴率が1.2%では言い訳も出来ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る