候補はあまた挙がれど…「ポスト・タモリ」は深刻な人材難

公開日:  更新日:

 ポスト・タモリは誰なのか? 「笑っていいとも!」が最終回を迎え、芸能マスコミは「日本一の司会者」との声もあったタモリの後釜探しに躍起だ。今のところ、ウッチャンナンチャンの内村光良(49)とか、毒舌芸人の有吉弘行(39)などの名前が“候補”として挙がっているが、ちょっと難しいだろう。

「いいとも」のタモリは、適当なゆるさが評価されていた。鼻につくアクの強さも自己主張もなく、引き立て役として自然な空気感をつくり出していた。だからこそ、30年以上も「お昼の顔」を続けられたともいえる。

 毒にも薬にもならない雰囲気だけを考えたら、内村やナインティナインの矢部浩之(42)、ホンジャマカの恵俊彰(49)あたりにも後釜が務まるかもしれない。だが、そもそもタモリの真骨頂はゆるさじゃない。

「タモリさんの魅力はマニアもうならせる趣味の広さや、深い博識ぶりにあります。30年以上続いている『タモリ倶楽部』や、再開を希望する声が大きい『ブラタモリ』を見ても分かるように、深夜向きのマニアックさが最大の持ち味です。そうしたバックボーンがあるから、いいともでもどんなゲストにも話を合わせられ、相手の魅力を引き出すことができた。これはタモリさんにしかできない芸当ですよ」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る