候補はあまた挙がれど…「ポスト・タモリ」は深刻な人材難

公開日: 更新日:

 ポスト・タモリは誰なのか? 「笑っていいとも!」が最終回を迎え、芸能マスコミは「日本一の司会者」との声もあったタモリの後釜探しに躍起だ。今のところ、ウッチャンナンチャンの内村光良(49)とか、毒舌芸人の有吉弘行(39)などの名前が“候補”として挙がっているが、ちょっと難しいだろう。

「いいとも」のタモリは、適当なゆるさが評価されていた。鼻につくアクの強さも自己主張もなく、引き立て役として自然な空気感をつくり出していた。だからこそ、30年以上も「お昼の顔」を続けられたともいえる。

 毒にも薬にもならない雰囲気だけを考えたら、内村やナインティナイン矢部浩之(42)、ホンジャマカの恵俊彰(49)あたりにも後釜が務まるかもしれない。だが、そもそもタモリの真骨頂はゆるさじゃない。

「タモリさんの魅力はマニアもうならせる趣味の広さや、深い博識ぶりにあります。30年以上続いている『タモリ倶楽部』や、再開を希望する声が大きい『ブラタモリ』を見ても分かるように、深夜向きのマニアックさが最大の持ち味です。そうしたバックボーンがあるから、いいともでもどんなゲストにも話を合わせられ、相手の魅力を引き出すことができた。これはタモリさんにしかできない芸当ですよ」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  6. 6

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  7. 7

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

もっと見る