• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

候補はあまた挙がれど…「ポスト・タモリ」は深刻な人材難

 ポスト・タモリは誰なのか? 「笑っていいとも!」が最終回を迎え、芸能マスコミは「日本一の司会者」との声もあったタモリの後釜探しに躍起だ。今のところ、ウッチャンナンチャンの内村光良(49)とか、毒舌芸人の有吉弘行(39)などの名前が“候補”として挙がっているが、ちょっと難しいだろう。

「いいとも」のタモリは、適当なゆるさが評価されていた。鼻につくアクの強さも自己主張もなく、引き立て役として自然な空気感をつくり出していた。だからこそ、30年以上も「お昼の顔」を続けられたともいえる。

 毒にも薬にもならない雰囲気だけを考えたら、内村やナインティナインの矢部浩之(42)、ホンジャマカの恵俊彰(49)あたりにも後釜が務まるかもしれない。だが、そもそもタモリの真骨頂はゆるさじゃない。

「タモリさんの魅力はマニアもうならせる趣味の広さや、深い博識ぶりにあります。30年以上続いている『タモリ倶楽部』や、再開を希望する声が大きい『ブラタモリ』を見ても分かるように、深夜向きのマニアックさが最大の持ち味です。そうしたバックボーンがあるから、いいともでもどんなゲストにも話を合わせられ、相手の魅力を引き出すことができた。これはタモリさんにしかできない芸当ですよ」(在京キー局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る