「花咲舞」は早くもシーズン3決定 杏と日テレ“蜜月”の裏事情

公開日: 更新日:

 日テレが杏(29)の囲い込みに躍起になっている。主演ドラマ「花咲舞が黙ってない」のシーズン2がまだ半分も放映されていないというのに、シーズン3の制作が決定したというのだ。そればかりか来春をメドに映画版「花咲舞が黙ってない」を公開すべく準備を進めているというのだ。

「とにかく企画を先行させ、取りあえず杏の出演承諾とスケジュールを押さえてしまう作戦です。もちろん並行して上川隆也と生瀬勝久などのキーパーソンのスケジュールも押さえようとしています」(関係者)

 日テレの本気度が伝わってくるのがシーズン2の最終回と映画版に登場するスペシャルゲストの名前だ。いまやハリウッドでもその名前が知れ渡る世界の“KEN WATANABE”こと渡辺謙にオファーし内諾を得たというのである。

「この話を聞いた他局のプロデューサーは腰を抜かしたそうです。だって杏は渡辺の実の娘ですが離婚を機に疎遠となり、業界でも共演NGになっていたはず。ところが、最近になって2人は和解したばかりか共演も可能になったようなんです。あざとい日テレがダメもとでチャレンジしたら、ハマったとか。もっとも最低1000万円以上だという渡辺のギャラを聞き、日テレ関係者は悲鳴を上げたようですが……」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る