必見作多数 故・加藤武さんは「映画俳優」としても一流だった

公開日:  更新日:

 俳優の加藤武さんが亡くなった。86歳だった。次の芝居の準備をしていたというから、まさに現役のまま旅立ったことになる。

 不思議なのは、演劇人としての追悼文は見かけたが、映画俳優としての記述が意外なほど少なかったことだ。代表作がすぐに浮かばなかったからかもしれないが、金田一シリーズの「よーし、わかった」という名セリフや、黒沢明監督、今村昌平監督作品などでの名脇役としても知られている。

 そんな中で強烈な役柄といえば、「仁義なき戦い」シリーズの「代理戦争」(73年)の加藤。

 金子信雄演じる山守親分にいびられ、不格好に泣き出すシーンなど、その情けない感じが天下一品。こわもての加藤がとてもしょぼい感じを出したので、逆に印象的だった。

 加賀まりこと共演した「月曜日のユカ」(64年)も忘れがたい。キュートな加賀を、銀髪のダンディーな中年男の魅力で引き付ける。加賀は渋い加藤にのめり込み、加賀の恋人役の中尾彬が嫉妬してしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る