必見作多数 故・加藤武さんは「映画俳優」としても一流だった

公開日: 更新日:

 俳優の加藤武さんが亡くなった。86歳だった。次の芝居の準備をしていたというから、まさに現役のまま旅立ったことになる。

 不思議なのは、演劇人としての追悼文は見かけたが、映画俳優としての記述が意外なほど少なかったことだ。代表作がすぐに浮かばなかったからかもしれないが、金田一シリーズの「よーし、わかった」という名セリフや、黒沢明監督、今村昌平監督作品などでの名脇役としても知られている。

 そんな中で強烈な役柄といえば、「仁義なき戦い」シリーズの「代理戦争」(73年)の加藤。

 金子信雄演じる山守親分にいびられ、不格好に泣き出すシーンなど、その情けない感じが天下一品。こわもての加藤がとてもしょぼい感じを出したので、逆に印象的だった。

 加賀まりこと共演した「月曜日のユカ」(64年)も忘れがたい。キュートな加賀を、銀髪のダンディーな中年男の魅力で引き付ける。加賀は渋い加藤にのめり込み、加賀の恋人役の中尾彬が嫉妬してしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る