60本超上映…池袋・新文芸坐「戦後70年企画」で戦争を考える

公開日:  更新日:

 戦後70年の今年の夏は例年以上に、“戦争”という言葉が重く感じられる。かつて「戦争が露出してきた」と言ったのは吉本隆明だが、今の状況は吉本の言葉を超えて「戦争」がもっと身近になっている。その「戦争」をじっくり考えることができるのが池袋・新文芸坐の今年の特集だ。

 戦後70年企画として7月26日から始まった上映は3部構成。全部で60本以上の作品を上映するというから壮観だ。1部は「戦後日本の歩み」、2部「日本の戦争」、3部「戦後の風景」に分かれる。

 なかでも、8月12日からスタートする2部は戦争映画のオンパレードだ。推薦作品としては「真空地帯」「軍旗はためく下に」「私は貝になりたい」「黒い雨」「日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声」「陸軍」「ひめゆりの塔」といったところか。

 とくに深作欣二監督の「軍旗――」。南洋の島で追い込まれた日本兵の、人肉食まで言及される恐るべき描写もあり、今見ても身がすくむはずだ。戦争に翻弄された人々の戦後の荒廃ぶりは、「仁義なき戦い」をほうふつとさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る