日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

60本超上映…池袋・新文芸坐「戦後70年企画」で戦争を考える

 戦後70年の今年の夏は例年以上に、“戦争”という言葉が重く感じられる。かつて「戦争が露出してきた」と言ったのは吉本隆明だが、今の状況は吉本の言葉を超えて「戦争」がもっと身近になっている。その「戦争」をじっくり考えることができるのが池袋・新文芸坐の今年の特集だ。

 戦後70年企画として7月26日から始まった上映は3部構成。全部で60本以上の作品を上映するというから壮観だ。1部は「戦後日本の歩み」、2部「日本の戦争」、3部「戦後の風景」に分かれる。

 なかでも、8月12日からスタートする2部は戦争映画のオンパレードだ。推薦作品としては「真空地帯」「軍旗はためく下に」「私は貝になりたい」「黒い雨」「日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声」「陸軍」「ひめゆりの塔」といったところか。

 とくに深作欣二監督の「軍旗――」。南洋の島で追い込まれた日本兵の、人肉食まで言及される恐るべき描写もあり、今見ても身がすくむはずだ。戦争に翻弄された人々の戦後の荒廃ぶりは、「仁義なき戦い」をほうふつとさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事