• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

60本超上映…池袋・新文芸坐「戦後70年企画」で戦争を考える

 戦後70年の今年の夏は例年以上に、“戦争”という言葉が重く感じられる。かつて「戦争が露出してきた」と言ったのは吉本隆明だが、今の状況は吉本の言葉を超えて「戦争」がもっと身近になっている。その「戦争」をじっくり考えることができるのが池袋・新文芸坐の今年の特集だ。

 戦後70年企画として7月26日から始まった上映は3部構成。全部で60本以上の作品を上映するというから壮観だ。1部は「戦後日本の歩み」、2部「日本の戦争」、3部「戦後の風景」に分かれる。

 なかでも、8月12日からスタートする2部は戦争映画のオンパレードだ。推薦作品としては「真空地帯」「軍旗はためく下に」「私は貝になりたい」「黒い雨」「日本戦歿学生の手記 きけ、わだつみの声」「陸軍」「ひめゆりの塔」といったところか。

 とくに深作欣二監督の「軍旗――」。南洋の島で追い込まれた日本兵の、人肉食まで言及される恐るべき描写もあり、今見ても身がすくむはずだ。戦争に翻弄された人々の戦後の荒廃ぶりは、「仁義なき戦い」をほうふつとさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

もっと見る