• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

この夏は洋画が強い 大ヒット新作6本公開で空前の興行に

 映画界にとって書き入れ時の夏興行がスタートする。先陣を切るのが7月4日から公開される米マーベルコミックの映画化の「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」だ。

 この作品が象徴しているのだが、今年の夏は何といっても洋画が強い。かつての大ヒットシリーズの新作が大挙して登場するからだ。その数、6本に上る。「アベンジャーズ」以降では「ターミネーター 新起動/ジェニシス」「ミニオンズ」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「ジュラシック・ワールド」「テッド2」といった具合。これらの作品が7、8月にかけて連続して登場してくるから、壮観である。

 6本のシリーズ前作の累計興収は実に240億円。今年は6本がかなり重なる形で公開されるので、前作の実績がそのまま新作の累計興収になるわけではない。だが、仮に7掛けとしても168億円で、そうなれば洋画としては近年、最高の夏興行になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る