この夏は洋画が強い 大ヒット新作6本公開で空前の興行に

公開日:  更新日:

 映画界にとって書き入れ時の夏興行がスタートする。先陣を切るのが7月4日から公開される米マーベルコミックの映画化の「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」だ。

 この作品が象徴しているのだが、今年の夏は何といっても洋画が強い。かつての大ヒットシリーズの新作が大挙して登場するからだ。その数、6本に上る。「アベンジャーズ」以降では「ターミネーター 新起動/ジェニシス」「ミニオンズ」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「ジュラシック・ワールド」「テッド2」といった具合。これらの作品が7、8月にかけて連続して登場してくるから、壮観である。

 6本のシリーズ前作の累計興収は実に240億円。今年は6本がかなり重なる形で公開されるので、前作の実績がそのまま新作の累計興収になるわけではない。だが、仮に7掛けとしても168億円で、そうなれば洋画としては近年、最高の夏興行になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る