AKB48「盗撮動画」被害の深刻度 卒業メンバーも毒牙に

公開日:  更新日:

 言語道断の卑劣な犯罪に国民的アイドルグループが大揺れだ。

 発売中の「週刊文春」が衝撃の記事を掲載している。AKB48のメンバーたちの着替えやシャワー、トイレなどを盗撮した映像を同誌が入手。15時間75本にもおよぶその映像には、メンバーがなんの警戒心もなく着替えたり、裸になったり、用を足す姿が……。

 撮影場所はテレビ局やホールの楽屋、更衣室、ホテルの部屋やバスルーム、ロケバス内などさまざまだが、いずれも通常は関係者以外は絶対に立ち入ることのできない場所である。

■メンバーたちの心のケアが急務

 それもそのはず――。今は卒業した人気メンバーやまだ10代半ばのメンバーも多数写っているこの映像の撮影者は、AKB48グループを運営する会社「オフィス48」の元役員・野寺隆志氏(38)だというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る