• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

橋之助父子が「同時襲名」 “質疑特訓”の母・三田寛子を直撃

 歌舞伎役者の中村橋之助(50)が28日、記者会見に出席。来年10月から成駒屋の大名跡である8代目「芝翫」の襲名を発表し、「やっと歌舞伎俳優としてスタートラインに立ったかなという気がします」と感慨深げに語った。

 会見には3人の息子も揃って出席。同時期に長男の中村国生(19)は4代目橋之助、次男の宗生(17)は3代目福之助、三男の宜生(14)が4代目歌之助をそれぞれ襲名することを発表した。

 3兄弟は会見前夜に母の三田寛子(49)から挨拶や質疑応答の“特訓”を受けたそうで、「でも母が一番最初に噛んでいた」(国生)とほほ笑ましいエピソードを明かしていた。

 本紙は会見終了後、夫と息子たちの晴れ姿をこっそりと見守っていた三田を直撃!

――きょうの晴れ舞台をご覧になった感想は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事