ブログ“炎上”反省の新山千春が好感度上昇で矢口真里が窮地

公開日: 更新日:

 10月12日放送の「しくじり先生3時間!!嫌われモン大集合SP」(テレビ朝日系)に出演、自らの“ブログ炎上騒動”を披露し話題のタレント新山千春(32)。

 番組で「ブログ炎上は金になる」「ブログはアクセス数が全て」などと“本音”を吐露したため、視聴者から総スカンでイメージダウンかと思いきや、放送終了後に期間限定でブログのコメント欄を復活させたところ、<包み隠さず言っちゃうところが好感持てました!>などと好意的な反響が集まるなど、意外にも好感度を上げたようだ。

「ブログ炎上で得た教訓に<成長するためには叱ってくれる人も大切にしよう>をあげたことも、反感を買わずに済んだ一因ですね」(芸能ライター)

 そんな新山の一件で“ブログ炎上女王”の地位が危うくなったのが、いまだに“嫌われキャラ”街道をまっしぐらの矢口真里(32)だ。8月放送の「有田チルドレン」(TBS系)では、「炎上すると、ボンって儲かるんです!」「炎上させてくれる方とのキャッチボールを楽しんでいる感じ」などと、新山と似た発言をするも、共演者でウーマンラッシュアワーの村本大輔(34)からはこの時、「死んでゾンビになっている」「心が死んでやばい状況」と、本気で心配されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る