学歴自慢で燃料投下…福田萌は“確信犯的”炎上も商法にならず

公開日:  更新日:

【連載コラム「2015年上半期ネット炎上事件簿」】

 うっかりではなく確信犯的に、しかし商法ではなく炎上しているのではないかと疑われているのが福田萌(30)。

 4月に出演したバラエティー番組で「学歴は努力の証明書」と発言し、これが燃料となった。

 福田自身は地元高校から横浜国立大学経営学部卒、夫のオリエンタルラジオの中田敦彦(32)は東京学芸大学付属高校から慶応義塾大学経済学部卒。ちなみに、中田の父親は福田と同じ横国大卒だ。たしかに、釣り書きに書いても恥ずかしくはない学歴である。

 だが、「私たち夫婦は、自分の力で学歴をつかみ取ってきたという誇りがある」「親が用意してくれた道を歩んだわけではなくて、努力の証明書として学歴がある」との言い方が大上段に構え過ぎと取られたのだろうか。放送後からネットでは、「逆に安っぽい」「親のおかげだろう、気づけよ」と、発言をなじる声が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る