初の朗読劇も声が震え…中山美穂の寂しき「デビュー30周年」

公開日:  更新日:

 14日にデビュー30周年記念のオリジナルアルバムコレクションをリリースした中山美穂(45)。計25枚のボリュームで人気アイドル歌手としてヒットチャートを賑わせた過去を彷彿とさせるが、その数日前、彼女は人知れず人生初の朗読劇の舞台に立っていた。

 その舞台は10日から12日の計3日間、博品館劇場(東京・銀座)で行われたリーディング公演「HAKUTO~白兎~」。旧知の仲である吉田照美(64)の企画作品で出雲地方に伝わる神話「因幡の白兎」を題材にした男女2人による朗読劇だ。男は吉田、女は中山と中村メイコ(81)がダブルキャストで演じたのだが、中山の担当公演を見た客の間から聞こえてくるのは「期待外れ」の大合唱。

 初日の夜の部を観劇したという40代の男性は、「ミポリンはめちゃくちゃ緊張しているようで終始声が震えていました。公演は休憩なしの1時間20分強。朗読の合間にダンサーによるフラメンコやギターの生演奏を挟む構成で、彼女の出番は20分程度の朗読を2回だったのですが、『海』というセリフを舌が回らず『ウマ』と言い間違えたり。私はデビュー時からのファンですが、目の下のクマも酷かったです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る