初の朗読劇も声が震え…中山美穂の寂しき「デビュー30周年」

公開日: 更新日:

 14日にデビュー30周年記念のオリジナルアルバムコレクションをリリースした中山美穂(45)。計25枚のボリュームで人気アイドル歌手としてヒットチャートを賑わせた過去を彷彿とさせるが、その数日前、彼女は人知れず人生初の朗読劇の舞台に立っていた。

 その舞台は10日から12日の計3日間、博品館劇場(東京・銀座)で行われたリーディング公演「HAKUTO~白兎~」。旧知の仲である吉田照美(64)の企画作品で出雲地方に伝わる神話「因幡の白兎」を題材にした男女2人による朗読劇だ。男は吉田、女は中山と中村メイコ(81)がダブルキャストで演じたのだが、中山の担当公演を見た客の間から聞こえてくるのは「期待外れ」の大合唱。

 初日の夜の部を観劇したという40代の男性は、「ミポリンはめちゃくちゃ緊張しているようで終始声が震えていました。公演は休憩なしの1時間20分強。朗読の合間にダンサーによるフラメンコやギターの生演奏を挟む構成で、彼女の出番は20分程度の朗読を2回だったのですが、『海』というセリフを舌が回らず『ウマ』と言い間違えたり。私はデビュー時からのファンですが、目の下のクマも酷かったです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  4. 4

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  5. 5

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  6. 6

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  9. 9

    71年に夫と失踪 園田トシ子さんはイ・スンオクと名乗る

  10. 10

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る