• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸人復帰のしずちゃん 相方の“売れっ子”山里に頭が上がらず

 芸人としての“復帰戦”となった。21日、映画「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」大ヒット祈願イベントが開かれ、「南海キャンディーズ」しずちゃん(36=山崎静代)が登場した。

 イベントでは2カ月ぶりにボクシンググローブをはめ、相方の山里亮太(38)風の赤いめがねのシールが貼られたサンドバッグめがけてスパーリングを披露。「めがね割ったるぞ!」と叫びながらパンチを入れていた。

 引退会見でも「1人のめがね(山里)に集中して殴っていきたい」と毒づいたしずちゃんだが、「コンビがこれからという時だったので反対されたけど、最終的には応援してくれて、やめた今は『おかえり』と言ってくれて、気持ち悪いけど良いところもあるなと思った」と本音もポツリ。ネタ作りは山里、しずちゃんは山里のイジリがあって初めて生きるため、山里には頭が上がらないのだ。

 しずちゃんがボクシングに明け暮れている間、山里はピンで大ブレーク。現在もレギュラー番組6本を抱える超売れっ子芸人となった。捨てられないように山里に尽くすのが、しずちゃんの復帰後の初仕事となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る