• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冠番組も!? 南キャン山里が“ポスト有吉”に急浮上の背景

 今年の芸能界を席巻するのはこの男かもしれない。27日、家具ブランド「Armonia」新製品発表会に出席した南海キャンディーズ。「仲の悪いコンビ」キャラはこの日も健在で、山ちゃんこと山里亮太(36)は「この前、ドラマが一本決まりそうだったのに、ある女優さんからNG出ちゃってって断られて。その女優、誰かと思ったらコイツですよ!」と隣にいるしずちゃんこと山崎静代(34)を指さし憤慨。しずちゃんも「11年目だけど、11年経ってどんどん嫌いになってる」と応戦した。

 イベント中はほとんど目を合わせない2人。しずちゃんは「今年初めてちゃんと生で見ました」と話し、山ちゃんも「今日、久々にお互いの生存が確認できました」と苦笑いで答えた。

 2人の距離がより広がったのは、不仲に加えて互いにピンでの仕事が増えたため。しずちゃんはボクシングに打ち込み、2016年に開催されるリオ五輪を目指している。一方、山ちゃんはMCやバラエティー番組に引っ張りだこ。ラジオで披露する「炎上トーク」も板についてきた。そこで浮上しているのが、山ちゃんの冠番組だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る