冠番組も!? 南キャン山里が“ポスト有吉”に急浮上の背景

公開日:  更新日:

 今年の芸能界を席巻するのはこの男かもしれない。27日、家具ブランド「Armonia」新製品発表会に出席した南海キャンディーズ。「仲の悪いコンビ」キャラはこの日も健在で、山ちゃんこと山里亮太(36)は「この前、ドラマが一本決まりそうだったのに、ある女優さんからNG出ちゃってって断られて。その女優、誰かと思ったらコイツですよ!」と隣にいるしずちゃんこと山崎静代(34)を指さし憤慨。しずちゃんも「11年目だけど、11年経ってどんどん嫌いになってる」と応戦した。

 イベント中はほとんど目を合わせない2人。しずちゃんは「今年初めてちゃんと生で見ました」と話し、山ちゃんも「今日、久々にお互いの生存が確認できました」と苦笑いで答えた。

 2人の距離がより広がったのは、不仲に加えて互いにピンでの仕事が増えたため。しずちゃんはボクシングに打ち込み、2016年に開催されるリオ五輪を目指している。一方、山ちゃんはMCやバラエティー番組に引っ張りだこ。ラジオで披露する「炎上トーク」も板についてきた。そこで浮上しているのが、山ちゃんの冠番組だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る