橋口亮輔監督の原動力は故・淀川長治さんの「1時間ダメ出し」

公開日:  更新日:

 2008年公開の「ぐるりのこと。」や01年の「ハッシュ!」などが国内外で高く評価されている橋口亮輔監督(53)。11月14日には新作「恋人たち」が公開されるが、なんと7年ぶりの作品となる。映画を撮り続けるのは厳しい道のり。ここまでやってこられたのは亡き映画評論家・淀川長治(享年89)さんの言葉があったからだ。

■でも「見込みある」と励まされて…

 淀川先生にお会いしたのは一度だけ。デビュー作「二十才の微熱」が公開された30歳のときで、同作のPRの一環で対談をさせていただいたんです。

 当時は知らなかったんですけど、淀川先生って邦画の監督とは、ほとんど対談なさらない。今までなさったのは黒沢明監督、宮崎駿監督、大島渚監督、周防正行監督、北野武監督……錚々たる方たちばかり。

 それが無名の自主映画あがりの僕と対談したものだから、当時はちょっとした話題になったそうです。しかも、僕はデビューしたといっても、これから映画でご飯を食べていくんだ、なんてこれっぽっちも思っていなかった。自主映画は自分の人生の記録として撮っていただけで、「二十才の微熱」を配給した日本ヘラルドの会議室で淀川先生にお会いしたときも、「あ、『さよなら、さよなら』のおじさんだ」と思ったくらいでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る