橋口亮輔監督の原動力は故・淀川長治さんの「1時間ダメ出し」

公開日: 更新日:

 2008年公開の「ぐるりのこと。」や01年の「ハッシュ!」などが国内外で高く評価されている橋口亮輔監督(53)。11月14日には新作「恋人たち」が公開されるが、なんと7年ぶりの作品となる。映画を撮り続けるのは厳しい道のり。ここまでやってこられたのは亡き映画評論家・淀川長治(享年89)さんの言葉があったからだ。

■でも「見込みある」と励まされて…

 淀川先生にお会いしたのは一度だけ。デビュー作「二十才の微熱」が公開された30歳のときで、同作のPRの一環で対談をさせていただいたんです。

 当時は知らなかったんですけど、淀川先生って邦画の監督とは、ほとんど対談なさらない。今までなさったのは黒沢明監督、宮崎駿監督、大島渚監督、周防正行監督、北野武監督……錚々たる方たちばかり。

 それが無名の自主映画あがりの僕と対談したものだから、当時はちょっとした話題になったそうです。しかも、僕はデビューしたといっても、これから映画でご飯を食べていくんだ、なんてこれっぽっちも思っていなかった。自主映画は自分の人生の記録として撮っていただけで、「二十才の微熱」を配給した日本ヘラルドの会議室で淀川先生にお会いしたときも、「あ、『さよなら、さよなら』のおじさんだ」と思ったくらいでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  5. 5

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  6. 6

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る