歌手はいだしょうこを育てた大作曲家・中田喜直の金言

公開日: 更新日:

 元タカラジェンヌでNHK「おかあさんといっしょ」の第19代“うたのおねえさん”として知られる、はいだしょうこさん。歌手の道を選んだのは“育ての親”といえる作曲家の存在があったから。童謡「ちいさい秋みつけた」や「めだかの学校」の中田喜直さんだ。

「素直に、おしゃべりをするように歌ったらいいよ」「声を作らず、そのまんまで」「力を抜いて自然に発声するんだよ」……。

 今も目を閉じると、中田先生の優しい声が耳元でよみがえり、声楽を教わった小学校の頃の出来事がまぶたの裏に浮かんできます。横浜市内にあった先生のご自宅へ歌を習うため通い始めたのは、小学5年生の頃。先生が紫綬褒章を受章されて間もなくでした。

 現在のテレビでのイメージからは想像もつかないかもしれませんが、幼い頃はしゃべるのが苦手で、おまけに極度の人見知り。いつも母の陰に隠れ、ひとりではお買い物にも行けないほど引っ込み思案でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  4. 4

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る