• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歌手はいだしょうこを育てた大作曲家・中田喜直の金言

 元タカラジェンヌでNHK「おかあさんといっしょ」の第19代“うたのおねえさん”として知られる、はいだしょうこさん。歌手の道を選んだのは“育ての親”といえる作曲家の存在があったから。童謡「ちいさい秋みつけた」や「めだかの学校」の中田喜直さんだ。

「素直に、おしゃべりをするように歌ったらいいよ」「声を作らず、そのまんまで」「力を抜いて自然に発声するんだよ」……。

 今も目を閉じると、中田先生の優しい声が耳元でよみがえり、声楽を教わった小学校の頃の出来事がまぶたの裏に浮かんできます。横浜市内にあった先生のご自宅へ歌を習うため通い始めたのは、小学5年生の頃。先生が紫綬褒章を受章されて間もなくでした。

 現在のテレビでのイメージからは想像もつかないかもしれませんが、幼い頃はしゃべるのが苦手で、おまけに極度の人見知り。いつも母の陰に隠れ、ひとりではお買い物にも行けないほど引っ込み思案でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る